昨年制作した「ボイスロイド実況プレイ」動画のご紹介と、その裏話

昨年は主にボイスロイド実況プレイ動画という、話題の新ジャンルに挑戦してみました。

VOICEROID実況プレイとは?


「VOICEROID実況プレイ動画とはなんぞや?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
かくいう私も、そこまで詳しいわけではないので、上手く説明できるかわかりませんが……

その1:ゲーム実況

まず、動画サイトで人気のジャンルの1つに「ゲーム実況」があります。
こちらはその名の通り、ゲームを実況しながらプレイしている動画のことを指します。
(たまにゲームプレイヤーさんと実況者さんが別人であるケースもあります)

自分がプレイするのは勿論楽しいけれど、人がプレイする様子を見るのも楽しい!
「そこはそうやって突破するのかー」とか
「やっぱりココの罠、引っかかっちゃうよねー」なんて感じで
しかも、シーンに合わせてコメントできるし、そのコメントを参考に動画投稿者がプレイしてくれるといったことも!

まるで友達が隣でプレイしているかのような感覚が、ネットを通して体験できるわけですね!

昔は著作権の関係上、ゲームのプレイ動画をアップロードすることは(権利者の許諾がある場合を除き)できませんでした。ですがココ数年で事情が変わってきており、任天堂など一部のメーカーさんの作品はアップロードを認めてくれているわけです。(各メーカーにより条件が異なります)

……そもそも昔は、ゲームを録画するということ自体が、ものすごーく敷居の高いことだったのですが。
今や Windows 10 に標準で録画機能が組み込まれていますから。凄い時代です。

こういった背景も追い風となって、今、ゲーム実況というジャンルが盛り上がっているのですねー。

その2:VOICEROID(ボイスロイド)

次に、「VOICEROID」というソフトウェアがあります。
こちらは、株式会社AHSが販売している音声合成ソフトウェアです。

なんと、入力した文字を読み上げてくれるソフトなのです! しかもかなり流暢に!


シリーズ物で販売されており、それぞれ声優さんが異なります。
入力欄の右にキャラクターの顔がありますね。VOICEROIDには1つ1つにキャラクターのビジュアルが用意されているのです。

バリエーションについては、こちらのリンクを御覧くださいませ。
http://www.ah-soft.com/voiceroid/

Amazonで買うこともできます。パッケージ版とダウンロード版があります。

個人的にはダウンロード期限のないAmazonでのダウンロード版の購入がおすすめです。

ゲーム実況+VOICEROID = VOICEROIDゲーム実況!

カンの鋭い方は――いえ、鋭くなくても察したかもしれませんが、そうです!
ゲーム動画を、ボイスロイドの声で実況させるわけです!

あたかもボイスロイドのキャラクターがゲームを実況プレイしているような雰囲気が、そこに醸し出されます!

ゲーム実況は「友達が隣でプレイしているような感覚」でしたが、こちらは
「アイドルが隣でゲームしているような感覚」といっても過言ではないでしょう、きっと!
(ゲーム実況者も、アイドルと変わらない感じがありますがっ)


一般的なゲーム実況と異なるのが、音声はあとから編集で付け加えるということです。
ゲームの映像に合わせて、音声を組み込んでいきます。
なので、一般的な実況動画ではあまり見られないタイプの動画も、このジャンルではよく見かけます。

編集機能を活かしたオリジナルストーリー動画(←一般的に「茶番動画」と呼ばれる)なんてものも、VOICEROID実況動画ならではかもしれません。
拘っている作品は、まるで映画を見ているような感じにさせてくれます。凄い!



――そんな面白い世界、私もやってみたい! と思ったのでした。
そして実際に、以下の2作品を作って、動画共有サイト(YouTube , niconico)に投稿しました。

結月ゆかりの知らない音楽ゲームの世界


■ニコニコ動画版はこちら
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28645912


初ボイスロイド実況動画! 単発ものです。
FaceRigという「ウェブカメラに写った顔を読み取って、それをバーチャルキャラクターに適応させる」そんなアプリを購入したので、それで音ゲーで遊んでいる様子を記録し、ゆかりちゃん(せらの様作のLive 2Dグラフィック)に当てはめてみました。

結果として、1作目にして何ともマニアックな動画になってしまいましたが、楽しかったので良しとしましょう!(笑)

■FaceRigはこちらで販売されています。
http://store.steampowered.com/app/274920

■動画に出てきたゲームのリンク
Tone Sphere - http://bit192.info/labs/
MUSYNC - https://twitter.com/MUSYNC_official
アイドルクロニクル - http://ichro.jp/

剣聖カーディナルゆかりのAAA冒険譚


■ニコニコ動画版はこちら
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30122006

2作目。今度はシリーズ物。オンラインゲームの実況プレイ。
王道の実況プレイ……と見せかけて、気がつけば茶番マシマシに。現在2話まで公開中。
一般的な立ち絵の表示位置に、敢えてゲーム内3DCGを表示してみました。
このゲーム最大の特徴「かわいい」を伝えるために!
しかし、撮影、切り抜き、編集がとにかく大変だったりして既に涙目。

それでも、少しでもゲームの魅力が伝わっていれば幸い。

■「エミル・クロニクル・オンライン」ゲーム公式サイトはこちら。
http://econline.gungho.jp/

実際にVOICEROID実況動画をつくってみて思ったこと


大変でした! たった10分の動画なのに、編集で何日掛かったことやら……
ある程度の覚悟はしていたものの、実際に創ってみますと大変さが身に沁みますね。

でも面白かったのが、編集していて、先の展開が気になることですね。自分の作品なのに!
ゲーム自体は収録済みで、台本も先に作っていたのに。
編集段階ではすることは決まっていて、後は作業で、その作業量が膨大で……正直、気が重い状態です。
でもそれと同時に、ワクワクしてるんですね。

この感覚は、イラストを描いている(塗っている)ときの感覚に近いかもしれません。私だけかもしれませんが!

そして、公開後に寄せられるコメント! これが加わることで自分の動画なのに新しい発見ができたりして、とっても面白い!

ある意味、ゲーム作りにも似ているかもしれませんね。

このまま作り方も解説したいところですが……
私自身、まだ試行錯誤の段階ですので、ある程度パターンが構築できましたら、その時に改めて解説記事を書きたいと思います。

まだまだ他にも作ってみたい実況動画は沢山あります。
今年も引き続きVOICEROID実況動画を創っていきますので、その時は何卒よろしくお願い致します!

This site uses cookies from Google to deliver its services - Click here for information.

© 2006- White Lovers by Yuki Tsukasa. Template Designs by pipdig